包茎手術を大満足に終わらせる

ロゴ
トップページ
<3つのポイントを抑えておくべき>
包茎手術を大満足に終わらせるには、次の3つのポイントを抑えておくべきだと言われています。 まず第一に、オペ時の痛みを和らげる方法をとっているクリニックを探すことです。 ペニスは、男性の身体の中でも特に敏感な部分ですので、麻酔注射のときや術後の抜糸の時に必ず痛みを感じてしまいます。 とても腕の良いドクターだったら、その痛みはチクッというほんの一瞬の痛みに過ぎないかもしれません。 しかし、痛覚が敏感な人や心臓の弱い人にはこの痛みも大問題なのです。 このような患者の声の影響か、最近は「無痛ジェル麻酔」という方法をとっているクリニックが増えてきました。 ネットなどでクリニックを探す際に、上記のような無痛麻酔を取り入れているところを選ぶようにすれば、極限まで痛みを抑えた治療を受けられると思います。 第二のポイントとして挙げられるのが、包茎手術を自分の休日の前日に持ってくることが望ましいということです。 現在はオペの当日に日帰り可能になってきてますが、やはり体にメスが入っているということから、翌日丸一日は自宅でゆっくりと休養した方が、術後の経過が順調であるといえます。 ペニスには包帯が施されているため、排尿の際の不便さを考えても自宅のトイレで用を足した方が幸いでしょう。 最後に第三のポイントですが、「追加料金を請求しないクリニックで治療をすること。」 です。 これは、最初にクリニックを選ぶ際に同時にチェックすることなのですが、口コミを細かくチェックすれば本当に請求しないクリニックかどうか分かるでしょう。 以上のポイントを踏まえ、無事包茎手術が完了することを祈ります。

<包皮輪、包皮口と包皮輪狭窄について>
包茎手術をする時には、きちんと下調べをしておくことが重要です。 何の知識がないままにカウンセリングにいったとしても、専門用語が出てくると解らなくなってしまいますし、きちんと自分の意見が言えるようにある程度の勉強をしておくことをお勧めします。 ここでは包茎に関係がある陰茎の部分にスポットをあててみます。 陰茎は包皮輪と呼ばれる部分があります。 包皮輪ですが、包皮口とも呼ばれることがあり、どちらも同じ箇所を指しています。 包皮輪ですが、どこの部分かと言うと、包皮の折り返し部分のことですね。 包皮と言うと、陰茎を覆っている皮の部分だと考えている人が多いですが、医学的には陰茎の先端部分である亀頭を覆っている皮のことを言います。 日本人は包茎である人が多く、男性の3人に2人は何らかの包茎であるとされています。 包皮には粘膜状の内板と、目に見えている褐色の皮である外板の2つがあり、陰茎が勃起していない平常時に、内板と外板の折り返しになっているのが包皮輪、包皮口ですね。 包皮の先端は輪っかのようになっていることから包皮輪と呼ばれており、亀頭の入口であることから包皮口とも呼ばれているのです。 この包皮輪が極端に狭いことによって起こるのが包茎だと考えて良いですね。 包皮輪が狭くなっていることから、亀頭を露出することが難しくなり、亀頭を完全に露出できない時には真性包茎と呼ばれる包茎になります。 ある程度、包皮をむいて亀頭を露出させることができるのが仮性包茎です。 この仮性包茎の中でも、包皮をむく時に痛みが伴ってしまうようなケースを包皮輪狭窄と呼ばれる状態ですね。 包皮をむいたのは与野ですが、包皮輪が狭くて亀頭を締め付ける形になってしまったのがカントン包茎です。 包皮輪狭窄症の場合は、多少の締め付けや痛みが問題となりますが、そこまで大げさな症状ではありません。 しかし、カントン包茎の場合は亀頭が強く締め付けられることになるので、血流が悪くなってしまって、最悪のケースでは亀頭が壊死するようなこともあるので、早急に治療する必要があります。



Copyright(c) 包茎手術を大満足に終わらせる. All right reserved.